あずささんと蝶 by sukehiroP
埋もれた名作PVシリーズ とか
プロデューサーの皆々様、素晴らしい作品をいつもありがとうございます。アイドルマスターに関する話題とかを気ままに書いてるブログへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HANSHIN M@STER ◇じっくり語り語られてみよう

じっくり語り語られてみよう


エントリー2作品目 いきまっせ!!



井川KP作品
これは自分にとっては、えびPのよりも語るのは大変そうな悪寒


そしてお決まりの前提をば


イベント 『じっくり語り語られてみよう』に参加し,作品について語っています.
作品へのネガティブな表記・ネタばれを含む場合がありますが,
イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください.
他の方の語り記事一覧 → 『No.14: HANSHIN M@STER



ということで、内容は「続きを読む」に格納してあります。
興味のある方のみどぞ。




【語り視点の注文】
・こういうネタがどういう風に見られどう感じられているのか?
・野球系のネタを作り続ける姿勢はどう映っているのか?
・以下の点について、マジで語る(細かければ細かいほどOK)
 1.この作品を見た率直な感想
 2.面白い要素(誉めるべき長所)
 3.改善すべき要素(良くない短所)


把握した!
でもお題、ちょっとムズいよ!(←早速、率直な感想)



まず最初に申し上げておくことが。


今まで大っぴらに言ってはいませんが、私の視聴スタイルとして、
メイン視聴対象はPV作品で、それ以外のネタ系、架空戦記系といった他のジャンル
(もうジャンルと言ってもいいほど多様化していますので、敢えてジャンルと呼びます)
はかじる程度であるということを前提としてください。


その前提ありきでのお話ですが、アイマスMADってどこまでがアイマスMADなの?
と、その昔の私は思いました。
PBやエレクトロワールドといった、アイドルマスターに出てくるアイドルたちが
本当に歌い、踊っているように錯覚してしまうような作品から入った私は
そういうものがアイマスMADだと認識し、”アイマスでしか表現できないものだ”
と思えるものがアイマスMADなんだと思いました。


そう考えると、こちらの作品はそのアイマスMADのメインとなるべきアイドルたちが
全く出てこないどころか、歌・声すら使われていないのに、
”アイマスMAD”なんでしょうか?
全くアイマスの知識が無い人が見て、タイトルを見ずに「あー、これはアイマスMADだ」
と認識できるのでしょうか?


以上が、その昔、私が思っていたことでした。


ですけれど、今の認識はそれとは異なっています。


そもそもMADって何か?
私はこの世界では新参者ですので、MADテープが起源とか言われても、
いまいちピンときません。
私の今の認識は、所謂「ファンメイド」的要素の強い2次創作物がそれに当たるのかと。
中には、MADを作ることで得る名声に惹かれて作る人もいれば、アンチ色の強いものも
あったりと、一概にそうは言えないのかもしれないですが、ニコマスに限って言えば
だいたいがその枠に収まるんじゃないでしょうか?


そう考えると、アイマスも好きで、阪神も好き。
じゃあ、その二つを生かして何か作ろう!と思って作られたであろうこちらの作品は
十分立派にアイマスMADと呼べるものではないでしょうか?
他の方がどう思っているかは分かりませんが、私はそう思います。
井川KPさんのタグを調べてみると、現時点で作品数が316件も!
好きでなきゃこれだけの数をアップするなんてできませんよね。
すごい情熱だ。


ただですね、正直なところを申し上げると、同じタイミングでPVとこちらの作品があがり、
どちらを見たいか?と聞かれると、申し訳ありません、
やっぱりPVの方を選択してしまいます。
ですが、この選択は個人の嗜好による部分が大きいため、そうでない方も必ずいます。


しかも井川KPさんほど名の知れたPさんであれば、
固定客がきっとたくさんいるでしょうし、
楽しみにされている方もたくさんいらっしゃることと思います。
そんな、ご自身の好きなもので好きなように作る姿勢は、
私としても真似したい部分だと思っています。
それに元来MADってそういうものなんですよねw?
ご自身のスタイルにもっと自信を持ってもよろしいかと思います。


・・それに、お祭りとかで野村さんとかが出てこないと、
なーんか物足りないんですよね~ww
あの「隠す気ねーwww」とか「やっぱりかwww」みたいなコメは、
もうこの世界では予定調和的なお約束になってますよw?


さてさて、では肝心の作品に対する感想について語ります。


えーと、こちらを見て、最初に思ったは感想は・・・


「なんじゃこりゃww、マニアックすぎるwwww
 しかもなんか相当作りこんでるぞ、これw」
ですかねww


当時主流だったオーソドックスなアイマスMAD、コミュ系MADの中で、
この作品を思いついた発想がまずとても凄い思います。
作品を作る上で「柔軟な発想」というのはとても重要な要素だと私は考えています。
この作品の何よりの長所だと思うところは、この作品を思いついてから、
それをしっかりとした形にしたことだと思います。
ネタとしてどこまでの反応があれば及第点であるのか、そこは個人によって
異なってくるのかもしれませんが、私のような人間に「なんじゃこりゃww」と
思わせた時点で勝ちなような気がしますw


しかも選手のプロフィールが詳細すぎて絶対吹きますねw
これは相当な手間暇がかかってますね~。
こういうネタに全力投球しているところが知らなくても見ていて面白いw
内容的にはかなりマニアックなのでしょうが、しっかり細部まで作られているため、
「お、なんかこれ面白いぞw」とターゲット外の視聴者を引きこむ要因となっている
気がします。
もちろん、メインターゲットは言わずもがなです。


1年という期間をプロデュースした後のオチまでしっかりついていて、
アイマスを知っている人間であれば1年という期間をプロデュースすることに
違和感を感じないはずですので、うまいオチへの持っていき方だなぁ、
と思いました。


最後に改善点ですが、これは難しいなぁ。
目標設定をどこに置いているかによって、改善点のレベルが相当変わってきそうですね。


作品としての完成度を上げたいのであれば、より本物の選択画面に近い作りにする、
ですとか、セリフを人力ボーカロイドでやりましょう!とかでしょうか。
ネタとしての改善点というのであれば、正直なところ、これより面白くできる
要素が自分には思い浮かびません、になっちゃいますね。すいません。
この部分は他の皆さんが何を書いているのか、私自身も興味がありますw


えーと、以上ですが、やっぱり語るのが難しかった・・・。


それに、語ってみて改めて思ったのは、自分的にはPV作るよりもネタ系を作る方が、
センスも技術も要るような気がします。それに勇気も。
そこは個々人の特性があるのかもしれませんけど、そう思いました。




こちらのエントリーがレギュレーションに違反しているようであれば、ご連絡ください。
記事は即刻削除させていただきます。


コメント

http://kpmadquest.blog122.fc2.com/blog-entry-149.html
井川です。
返答記事を書きました。
遅くなってしまい、申し訳ありません。
どうもありがとうございました
【2008/11/13 11:43】 URL | 井川K #ehVFETo2[ 編集]
>> 井川KPさん


あまりたいしたこと書けなくて申し訳ないです。


ふと、自分のやっていることに不安になったりすることは誰にもあるものですし、そう思うことがむしろ当然かと。
私も悩み悩みやってますけどw、もうそんなことは気にせずに思い通りやろうと思った次第です。


今後のご活躍を期待しておりますー。
【2008/11/15 12:23】 URL | ホンコン #HfMzn2gY[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 BLOG TOP 

プロフィール

≪ sukehiroP作 ≫
あず天2

 ・管理人名:ホンコン
 ・P名 : バスP
 ・ほとんど見る専 たまにMAD製作
 ・ガチMAD好き
 ・あずささん好き ときどき愚民

カテゴリー

リンク - お知り合いブログ

リンク - アイマス便利系

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のトラックバック

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

携帯アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。